エルメスについて

歴史

エルメス社の母体になったのは、ティエリ・エルメス(Thierry Hermes、1801年 - 1878年)が1837年にパリに開いた馬具工房である。ナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客として発展した。 ティエリの孫にあたる3代目のエミール=モーリス・エルメス(Emile-Maurice Hermes、1871年 - 1951年)は事業の多角化に着手した。1892年には、馬具製作の技術を基にエルメス最初のバッグ、サック・オータクロア(sac haut-a-croire、現在の名前はオータクロア)を製作。1927年に腕時計を発表。さらに服飾品・装身具・香水などの分野にも手を広げ、それらの製品のデザイン、製造、販売をすべて手がける会社になった。 1980年代から1990年代にかけエルメス社はシャツや帽子を発注していた会社を次々と買収したが、リシュモン(カルティエの母体)やLVMH(ルイ・ヴィトンの母体)の買収戦略と異なり、職人技の維持を第一目標にしてのものであり、そのため買収対象は比較的小規模の会社に止まっている。 エルメス社が1997年に初めて作った社史は漫画形式で、日本の漫画家竹宮惠子に依頼して制作された(『エルメスの道 LE CHEMIN D'HERMES』、日本での初刊は中央公論社)。 2004年、マルタン・マルジェラの後継として、ジャン=ポール・ゴルチエがデザイナーに就任。2004年パリ・コレクションではエルメスの伝統である馬具・皮革製品を意識し、伝統に配慮しつつ、オレンジ・黒を中心とした鋭角的でかつブランドの風格を意識したデザインを発表した。

日本におけるエルメス

日本初の直営店は、1978年に東京・丸の内に開店したブティックである。エルメスの日本法人であるエルメスジャポン株式会社は1983年にエルメス・インターナショナルと西武百貨店との合弁で設立されたが、後にエルメス・インターナショナルの完全子会社となった。エルメスの出店は西武系に限られず、大手百貨店の主要店には比較的多く出店している。 2001年6月28日には、日本での旗艦店「メゾンエルメス (Maison Hermes)」を東京・銀座の晴海通り沿いにオープンしている。外壁に 450 mm 角のガラスブロック 13,000 枚を張りめぐらした11階建てのビルで、レンゾ・ピアノの設計による。ブティックのほか、製品の修理工房、ギャラリー、パリ以外では初となるエルメス社常設ミュージアム、そしてエルメスジャポンの本社が入居する。


[PR]  海物語 攻略法 妊娠したい 精力剤 デトックス 効果 育毛シャンプー ダンディハウス トリプルバーン痩身コース 仮性包茎 南アフリカランド 腸内洗浄 リンパマッサージ 緑内障 アユーラ(AYURA)通販@口コミナビ



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』